宏道流について

宏道流八代家元 梨雲斎 望月義瑄

モチヅキギセン

1978年6月16日、宏道流七代家元望月義琮の長男として東京に生まれる。
6歳6月6日、華道の手ほどきを受け、以降七代家元に師事する。
2002年、明治学院大学卒業後2006年には副家元荷雲斎を襲名。
2016年、先代義琮の逝去に伴い、梨雲斎二十六世を継承。
古典的な様式のみならず現代花、美しい洋花の生花にも目を向け、気品と清楚さを心がけている。
日本の伝統文化を担う他分野との共演や、アーティストとのコラボレーションなど幅を広げ、
また、東日本復興応援いけばなにも携わっている。

現在、公益財団法人 日本いけばな芸術協会理事。いけばな協会正会員

宏道流とは

宏道流本部会

〒101-0051
京都千代田区神田神保町2-20
03-3262-0223